ビットコインを買って他の仮想通貨(アルトコイン)に再投資。仮想通貨の可能性に期待しながら楽しく運用しています。

仮想通貨に100万円投資したら資産はどうなった?

コインチェック アルトコイン

coincheck(コインチェック)の取扱通貨が13種類に!

投稿日:2017年4月19日 更新日:

coinchecklogo

coincheckでは、日本円で買える仮想通貨の種類が豊富でしたが、2017年4月19日に「NEM(ネム)」「Litecoin(ライトコイン)」「DASH(ダッシュ)」のaltcoin(アルトコイン)3種類が新たに加わり、12種類となりました。

coincheckの新規取扱オルトコイン

さらに2017年8月1日、ビットコインのハードフォーク(元に戻らない分裂)によって、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が誕生しました。

Bitcoin Cashロゴ

ビットコインキャッシュが誕生したことで、coincheckが取り扱う仮想通貨の種類は13種類になりました。

なお、ビットコインの分裂と同時に、保有するビットコイン数量と同数のビットコインキャッシュが、無料で配布されました。この配布は、coincheckに限らず、他の取引所も足並みをそろえていて、売買も可能となっています。

coincheckの取扱通貨一覧

coincheckの取扱通貨

外部への送金について

当初coincheckでは、アルトコインの購入はできましたが、一部のアルトコインが外部のアドレスへの送金には対応できていませんでした。現在は、全ての仮想通貨が送金可能となっています。

時価総額ランキングチェック

さて、coincheckで取引出来るビットコインやアルトコインですが、時価総額で見た場合、どの位置にいるでしょうか。coinmarketcap.comで確認してみます。(2017年10月1日)

仮想通貨時価総額(2017年10月1日)

時価総額ランキング10位以内に8種類、11位~20位に3種類、31位~40位、41位~50位、の中にそれぞれ1種類と、1000種類以上あると言われている仮想通貨にあって、上位を占めているといえるでしょう。

coincheckは、こうした人気の仮想通貨を豊富に取り揃えているほか、これらを日本円(JPY)とビットコイン(BTC)の両方で取引できる数少ない取引所です。この先も取扱通貨が増えていくと予想されますので、要チェックです。

仮想通貨の投資状況

現在投資している仮想通貨の種類は、下表の12種類です。

仮想通貨名 単位
Bitcoin(ビットコイン) BTC
Ethereum(イーサリアム) ETH
Ethereum Classic(イーサリアム クラシック) ETC
LISK(リスク) LSK
Factom(ファクトム) FCT
Monero(モネロ) XMR
AUGUR(オーガー) REP
Ripple(リップル) XRP
Zcash(ジーキャッシュ) ZEC
NEM(ネム) XEM
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) BCC
MONA COIN(モナコイン)※ MONA

※MONA COIN(モナコイン)は、Zaif(ザイフ)で売買可能です。

利用している取引所

-コインチェック, アルトコイン

Copyright© 仮想通貨に100万円投資したら資産はどうなった? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.